« 京都VS大分 | トップページ | 日本VS中国 »

トップリーグ

久々にラグビーを見に行った。NEC対クボタは、番狂わせでクボタの勝利ということになるのだろうが、この試合だけを見る限りクボタの方が格上に見える試合だった。特にクボタのディフェンスが光っていた。一方のNECはあたりがいまいち弱く、一発で止められない。特に8番と15番の巨漢の外人選手にてこずって、最後までペースをつかめなかったようだった。

トヨタ対セコムは、順当にトヨタの勝利。ただ、この試合はお互いに単純なハンドリングミスがあったりしていまいち集中しきれていないような内容だった。トヨタのトライシーンもぽっかり空いたディフェンスの穴をついたようなもので、理詰でとった見事なトライとは言えない。まぁ、見ている自分も2試合目でいい加減、集中力を欠いていたりするのだけど。

これからしばらくはトップリーグは中断、ワールドカップの最終予選が始まる。サッカーに比べていまいち盛り上がりに欠けるが、ぜひアジア大表になって、来年のワールドカップでは一矢報いる活躍を期待したい。

|

« 京都VS大分 | トップページ | 日本VS中国 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114846/12399099

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ:

« 京都VS大分 | トップページ | 日本VS中国 »