« 横浜国際女子マラソンコース | トップページ | 湘南国際マラソン結果分析 »

第4回湘南国際マラソン

一年ぶり2度目のフルマラソンです。

去年は、フルマラソンを意識して、6月ごろから練習量を増やそうとしたところで膝の故障。その後満足に練習出来ないままの初フルとなってしまい、不本意な成績に終わってしまいました。走り初めて1年目のフルマラソンは私にとって無理があったようです。

去年の失敗を踏まえて、その後の1年は、無理に練習量を増やすのではなく自分の体に相談しながら徐々に練習量を増やしていくことを心がけました。

フルマラソンを走るための練習をするための練習、つまり走り込みができるだけの足を作ることがまず必要だと言うことです。

本来なら、11月のレースのために夏の間にしっかり走り込みをするべきなのでしょうが、今の自分にはそれだけの体力は無いし、もし無理をして走り込んだらどこかを悪くしたかもしれません。あえて夏場の走り込みはしませんでした。

これはしんどい練習を避けて来た自分への言い訳かもしれませんが、市民ランナーはあくまで趣味の範囲で日常生活に影響の出ないようにランニングを楽しむべきだと思っています。ましてや、怪我をして練習に支障が出るようでは本末転倒です。

それでも、今年は7月8月が月間150Km程度、9月10月になって月間200Km程度と、去年に比べるとはるかに豊富な練習量です。少しずつ体を慣らしながら距離を伸ばして行ったことで大きな故障もなく本番を迎えることができました。一般的には必ずしも十分な練習とは言えないでしょうが今の自分には精一杯の練習量でした。

結果は最低目標のネットサブ4は達成。グロスサブ4は20秒及ばず。あわよくばと思っていたネット3時間40分台には6分弱届かず。

成果もあったし課題もあった2度目のフルマラソンでした。




大きな地図で見る

|

« 横浜国際女子マラソンコース | トップページ | 湘南国際マラソン結果分析 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114846/46739214

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回湘南国際マラソン:

« 横浜国際女子マラソンコース | トップページ | 湘南国際マラソン結果分析 »