« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

湘南国際マラソン結果分析

2009年の湘南国際マラソンの結果を、2008年と比較してみた。

まず気象条件。ホームページの発表によると以下のようになる。

  • 2008年11月16日(日)の天候:雨 気温 18℃ 湿度 82%
  • 2009年11月8日(日)の天候:晴 気温 21.5℃ 湿度 75%

気温3.5℃の差は大きい。2008年は小雨が降っていたので体感はもっと低かった。逆に今年は、雲の間から太陽が出てくると途端に体感温度が上昇した。体感では10度近い温度差があったかも知れない。

フルマラソンの完走者のデータは以下のようになっている。

  • 2008年、申込者数 12,390人 / 出走者数 10,617人 / 完走者数 9,710人(完走率91.5%)
  • 2009年、申込者数 15,407人 / 出走者数 13,541人 / 完走者数 11,730人(完走率86.6%)

完走率が大きく下がっているのは少なからず気候の影響があったと思われる。しかし、ここまで完走率が下がるのは、別の原因があると考えられる。

完走者のタイムを5分間隔でヒストグラムにして比較してみると興味深い結果になった。

Shonan_hist

4時間半程度より速くで完走している選手は驚くほど去年の結果と一致しているのに対して、4時間半以降~制限時間までの人数が極端に増えている。気候の影響だけであればヒストグラムのピークが後ろにずれるだけだと考えられるが、この結果から、参加者のレベルの低下が想定される。

マラソンブームの広がりで間口が広がることは非常に喜ばしいことだ。制限時間内で完走した選手はそれなりに準備をしてきたことだろうし、レース後の達成感も味わうことが出来たと思う。

完走できなかった2000人近くの選手も今回達成できなかったゴールを目指して次の目標に向かって行くのであればそれはそれで意味のある途中棄権だと言えるかも知れない。

しかし、マラソンブームに乗って、ろくに練習もせずに参加している選手も少なからずいることだろう。この様な選手にとっては一体何のためのレースだったのだろうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回湘南国際マラソン

一年ぶり2度目のフルマラソンです。

去年は、フルマラソンを意識して、6月ごろから練習量を増やそうとしたところで膝の故障。その後満足に練習出来ないままの初フルとなってしまい、不本意な成績に終わってしまいました。走り初めて1年目のフルマラソンは私にとって無理があったようです。

去年の失敗を踏まえて、その後の1年は、無理に練習量を増やすのではなく自分の体に相談しながら徐々に練習量を増やしていくことを心がけました。

フルマラソンを走るための練習をするための練習、つまり走り込みができるだけの足を作ることがまず必要だと言うことです。

本来なら、11月のレースのために夏の間にしっかり走り込みをするべきなのでしょうが、今の自分にはそれだけの体力は無いし、もし無理をして走り込んだらどこかを悪くしたかもしれません。あえて夏場の走り込みはしませんでした。

これはしんどい練習を避けて来た自分への言い訳かもしれませんが、市民ランナーはあくまで趣味の範囲で日常生活に影響の出ないようにランニングを楽しむべきだと思っています。ましてや、怪我をして練習に支障が出るようでは本末転倒です。

それでも、今年は7月8月が月間150Km程度、9月10月になって月間200Km程度と、去年に比べるとはるかに豊富な練習量です。少しずつ体を慣らしながら距離を伸ばして行ったことで大きな故障もなく本番を迎えることができました。一般的には必ずしも十分な練習とは言えないでしょうが今の自分には精一杯の練習量でした。

結果は最低目標のネットサブ4は達成。グロスサブ4は20秒及ばず。あわよくばと思っていたネット3時間40分台には6分弱届かず。

成果もあったし課題もあった2度目のフルマラソンでした。




大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »