« Linux program for Nike+ Sportband | トップページ | 三浦半島トレラン »

2010三浦国際市民マラソン

噂には聞いていたタフなコースでした。おまけに去年走った人から聞いていた天候まで再現したようなコンディション。まぁ、走っている間は雨も本降りにならなかったのは良かったのですが。

1ヶ月前の神奈川マラソンで自己ベストの100分切りを達成していたので、タフなコースということもあって記録は望めないと思ってスタート。案の定3キロ過ぎの霊園の上りは歩きたいと思うほどのきつさでした。記録は求めないということで無理にペースを維持しようとせず、心肺と相談しながら意識的にペースを調整。

上りがあれば当然下りもあります。霊園から城ヶ島までは比較的気持ちよく走れました。城ヶ島で折り返した後、しばらくは上り基調。しかも城ヶ島大橋の上は向かい風。ここは前にいる恐竜の着ぐるみを風よけに使いながら走りました。しかし、恐竜は近づきすぎると尻尾が邪魔ですね。

城ヶ島を越えると海岸線に出るのですが、風が俟っていてその上小刻みなアップダウンでまいりました。16キロ過ぎからの上りはゾンビのような走りで、一気にキロ5分30秒ペースまで落ちました。しかしここで時計を確認すると、何とか100分切れそうなラップタイムです。当然ここからゴールまでは下り基調になるので、ちょっと気を取り直して最後まで頑張ることに。

実際上りでだらだら走っている時よりも、17キロ過ぎからゴールまでのペースを上げた時の方がキツかったかもしれません。上りでもう少し頑張っていれば、、、と言うのは後の祭りですね。

結局はネットで1時間40分ちょうど。最後頑張ったのにあと1秒で100分切りはなりませんでした。まぁ、100分ちょうどと言うのもなかなか出せるものではないので記念にはなりました。

大きな地図で見る

|

« Linux program for Nike+ Sportband | トップページ | 三浦半島トレラン »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114846/47778384

この記事へのトラックバック一覧です: 2010三浦国際市民マラソン:

« Linux program for Nike+ Sportband | トップページ | 三浦半島トレラン »