« 2010年9月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

上海出張

久しぶりの海外出張で中国本土初上陸。

今回は共同開発の会社に貸し出す機材をハンドキャリーで持ち込んだのですが、通関で止められてしまいました。こちらから何を言っても「通せない」としか答えない。英語が全く話せないようで、何故通せないのか聞いても返ってくる答えは同じ。空港で働く人間はせめて英語でコミュニケーションできるようにして欲しいですね。まぁ中国という国の特殊性を考えると何があっても不思議はないですけどね。

コミュニケーションが取れないアホを相手にしていても時間の無駄なので、後は現地の会社の人間にまかせる事にしました。関税を払って引き取ることになるのでしょうが、時間の無駄です。仕事だからしょうがないですが本当に関わりたくない相手です。

とりあえず、機材のことは置いといて、打ち合わせ自体は順調に進んでいるのでうまくいけば金曜日で全てのアジェンダを消化できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Garmin Forerunner 410

405、405CXの後継のGarminの新しいGPS Watch「410」が発表されました。見た目もほとんど同じで、スペックも全く違いはありません。何が違うのかと思いGarminのホームページを探してみるとFAQの中にこんな記述がありました。

  • Added device shutdown feature to the System menu
  • Added banner that notifies customer when the device will be entering low power mode
  • Added enhanced touch bezel

最初の「shutdown feature」は310や305にあったように使用していないときに電源を切ることができるようです。これで充電池の寿命を伸ばせるかもしれないですね。

次は、Low Powerモードに入る前にbannerを表示するということですが、オートポーズになって知らない間にLow Powerモードになっているということが防げるかもしれません。

*Forerunner 405英語版の場合、Firmwareをバージョン2.70にするとこの機能が使えるようになります

最後のタッチベゼルの改善ですが、405のように雨の日に誤動作することが少なくなりそうです。どの程度改善されているかわからないですが、私的にはタッチベゼルは止めてほしいです。

あと、410の説明にHotFixに対応したので、「GPSの捕捉が早くなった」との記述があるのですが、HotFixは405CXからサポートしているとの情報もあります。正確なところは私にはわかりません。

結論としては、どちらでも大した違いは無いので405ユーザはわざわざ買い換える必要は無いということですね。これから購入する場合でも最近安く手に入るようになった405を選択するのが賢い選択かもしれません。

===

最近携帯電話をGPS付きに変更したので、Forerunnerほど高機能ではないですが私が考える最低限ランニングに必要な機能を実装したiGPSロガーというアプリを作って見ました。携帯電話でこんなことまでできるようになると今まで以上にGarminの値段が割高に感じますね。

Qrcode_2

===

ところで、410のアクセサリに「External Power Pack」というものがあったので非常に興味があったのですが、改めてGarminのウェッブページを確認してみると「External Power Pack」と互換性があるデバイスはEdge 800だけになっていました(2010年11月時点)現在はリチュームイオン充電池を使うほとんどのGarminの製品が対応していることになっている。

ちなみにExternal Power PackについてGarminに問い合わせてみたらこんな回答がありました:

"The external power pack will not allow the Forerunner series to be used while being charged. "

充電中の使用はどちらにしてもサポート外のようですね。

===

その後同じ質問に別の人から別の回答が来ました:

"This package is used for Edge series not for Forerunner 405"

この時点ではまだEdge800だけが正式に対応していなかったのでしょうがその後対応機種が増えているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芦ノ湖一周

箱根駅伝往路のゴール地点から時計回りに芦ノ湖を一周。

前半は芦ノ湖スカイライン沿いのトレイルで後半は芦ノ湖畔の遊歩道で、スタート地点まで一周しました。

ゴール後は、芦ノ湖温泉「夕霧荘」の日帰り入浴で汗を流して帰りました。

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年12月 »