« 2011年11月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年9月

八ヶ岳スーパートレイル100マイルレース

OSJ八ヶ岳スーパートレイル100マイルレースに参加。自身初めての100マイル挑戦でなんとか完走することができた。

前日はスタート地点から徒歩5分の白樺湖水源荘に宿泊。食事をして8時には横になる。夜中何度か目が覚めたもののゆっくりと休むことができた。朝3時45分にアラームをセットして宿で用意していただいたおにぎりを食べ、4時過ぎに会場に向う。あたりはまだ真っ暗で半袖だと肌寒いくらい。荷物を預けて装備品チェックを済ませてスタート30分前にはスタートラインに並んだ。少し薄明るくなった朝5時に160キロの長旅が始まった。

スキー場を登って八子ヶ峰を越えて蓼科湖までは気持ちの良いトレイルを駆け抜ける。午後から下り坂になる予兆はあったが、遠くに八ヶ岳を望むことができた。あの先まで行ってぐるっと一周して帰ってくると思うと気が遠くなるが、このころはまだ元気なので目の前の気持ちの良いトレイルを楽しむ。途中スズメバチに刺された選手がいたようだが幸い私は無事だった。

蓼科湖のA1には6時50分頃到着。昨年は評判が悪かったようだが今年はエイドも充実していてボランティアの人たちも素晴らしい対応をしていただいた。まだスタート後2時間も経っていないが先は長いのでバナナやパンなどを補給して先に進む。

ここからしばらくは舗装路を走る。舗装路とは言ってもいつも走っている横浜の街中とは違い景色を楽しみながら走ることが出来た。途中信玄棒道を通ってA4の八ヶ岳歴史館まで。ここでUTMBを完走されたばかりのYo-Zさんに声をかけていただく。思いがけない知り合いの応援で力を頂いた。ここではトイレに並んだりしていたため15分ぐらい休憩して、観音平から天女山へのトレイル区間へ。小刻みなアップダウンに苦しみながらA5の天女山にたどり着いた。ここでルート変更がありロードでCP1に向かうことに。蜂が発生しているということで先頭集団は刺された選手もいたようだ。

ロードでCP1の清里に向かう途中で、本格的な雨が降りだした。途中レインウェアを取り出して着込んでCP1に到着した頃には土砂降りになっていた。

CP1ではバナナやマスカットを頂き補給。ここで給水しようとしたところでアクシデントが発生した。旧型のグレゴリールーファスは、背面に給水用のU字型のジッパーが付いていて、レース中の給水には重宝していたのがこのジッパーのつまみがちぎれてしまった。ハイドレーションに給水できないとレースが続けられ無いので、ゼッケンを止めていた安全ピンを外してなんとか開けて給水して閉めたところで今度は閉めたはずのジッパーが破裂して全開状態に。仕方が無いので全開状態のままでレースを続行することになった。

そうこうしている間にも雨は激しくなる一方でテントを叩く雨音が気持ちを萎えさせるが、意を決して先に進む。上ってきた舗装路を下り途中から短いトレイルに。このトレイルが雨で沼のようになっていた。ドロドロのトレイルを抜けると今度は延々と続く林道。雨のせいで時間より早く薄暗くなった林道をひたすら進む。

林道を抜けて、何とかCP2の松原湖に到着したのはスタートから約17時間後の夜10時だった。

CP2ではまず胃薬を飲んでしばらく休憩。トイレに行ってしばらく休憩。豚汁をいただいて休憩、、、と無駄に時間を使ってしまった。去年おんたけウルトラで会った50RUNさんと再会して話をしているとなかなか腰をあげられなくなってしまった。雨はおさまるどころかますます激しくなり気持ちを萎えさせる。だが、ここで止めたら絶対に後悔するのは判りきっている。1時間近く休憩して何とか次に向けてスタートした。

CP2では時間ばかり使ってしまい、補給や次に向けての装備の入れ替えなど反省点が多い。しかし十分休憩したのは良かったのかもしれない。

ここからはロードで600mぐらい上る、ある意味一番の難所。夜の舗装路で前後の選手も見えなくなる中ひたすら舗装路を上る。上りきって今度は林道入口のA7までひたすら下りもだらだらと歩いてしまって時間ばかり経過してなかなかエイドに到着しなかった。

なんとかA7に到着したのが午前3時近かった。ここから35Km先のCP3の制限時間が11時。1000メートル近く上る大河原峠を越えて8時間で35Kmは絶望的にも思われた。追い討ちを掛けるようにエイドのボランティアの人が、「この先厳しい道で時速4キロペースは難しいよ」とアドバイス。しかし、ロードのアップダウンをだらだら歩いていたおかげでまだ体は動く。どうせリタイアするならタイムオーバーで止められるところまで進もうと先に進むことを決めて、真っ暗な林道に向けて進んでいった。

しばらくはぬかるんだ下り基調の林道が続くが、走れるところはできるだけ走る。下り切っていよいよ大河原峠に向けた上りが始まった。ひたすら林道の上りが続くが斜度はそれ程ではなくストックを使って全身で上る。時間の感覚もなくなり永遠に続くのではないかと思える林道をひたすら上っていると、前に傘をさした選手が見えた。追い付こうと思って進むが傘をさしている割に結構速いペースで上っていくこの選手は間も無く見えなくなった。この選手は実在したのか?幻覚だったのか?その時は思考力も弱っていたが、冷静に考えれば不思議な気がする。

途中何度か立ち止まってジェルやグミを補給しながら朝7時ごろに大河原峠を上りきった。4時間で17キロは悪くないペースだ。次の関門まで下り基調のロードを約18Km、制限時間まで4時間弱、ゴールまで行けるイメージがわいてきた。エイドで椅子に腰を掛けて15分ぐらい休憩してCP3に向けて出発した。

CP3までは舗装路をひたすら下る。上りではあまり気にならなかったが、足の裏の雨でふやけた皮にまめが出来てかなり痛む。筋肉もかなり疲労しているので下りなのに連続して走ることができず、少し走っては歩きの繰り返し。CP3には制限時間の50分程前にたどり着いた。

10分ぐらい休んで最後のトレイル区間に。スタート直後に1時間50分で通過したトレイルを3時間半の時間で行けば完走できる。余裕で完走できると思ったがここから先がまだ試練が待っていた。一日降り続いた雨の影響でトレイルは沼のようになっていてとても走れない。下りは泥で滑りやすく、ストックを使って3点確保しながらそろそろ降りても何度も滑ってしりもちをついてしまった。それでも泥だらけになりながらトレイルを抜けて制限時間に30分余り残してゴールすることができた。

レース中はボランティアの人達、地元の人達、大会主催者の人達、それに同じコースをゴールに向かって進んだ選手のみんなから力をもらい、ゴールまでたどり着くことができたのだと思う。大会に関わったすべての人たちに感謝の気持ちを伝えたい。

---
ゴール後は、ゴール近くの温泉で汗を流し、前泊した水源荘に戻ってもう一泊した。レース前日はカーボローディングのための燃料でしか無かった食事をゆっくり堪能して一人でビールで祝杯をあげた。長野県の名物だという馬肉のすき焼きは美味であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2013年11月 »