ランニング

国内100マイルトレイルレース比較

今まで日本国内で開催された100マイルレースを比較してみた。今まで開催されたのは合計7回。それぞれの参加者と完走者をまとめると以下のようになる。

開催月 大会名 参加者数 完走者数 完走率
2011年7月 おんたけウルトラトレイル 50 20 40.00%
2012年5月 UTMF 943 611 64.79%
2012年7月 おんたけウルトラトレイル 53 38 71.70%
2012年11月 八ヶ岳スーパートレイル 510 138 27.06%
2013年4月 UTMF 991 724 73.06%
2013年7月 おんたけウルトラトレイル 108 28 25.93%
2013年9月 八ヶ岳スーパートレイル 452 154 34.07%
合計 3107 1713 55.13%
実数 2243 1348 60.10%

延べ人数は参加者数3107人、完走者数1713人になるが複数レースに参加している選手がいるので重複して参加した選手を除くと実際は、参加者数2243人、完走者数1348人になる。なかには7レース全てに参加している選手もいる。2013年のおんたけウルトラで優勝した谷北選手は7レース中6レースを完走している。

このうちUTMFと八ヶ岳の両方を完走している選手は98人いる。これらの選手の完走タイムを最小自乗法で相関をとってみると、UTMFの完走時間は、八ヶ岳の約1.23倍程度という結果になった。

UTMFとおんたけウルトラを両方完走した選手は26人で、UTMFの完走時間はおんたけの約1.54倍という計算結果になった。

UTMFと八ヶ岳の完走時間の相関をグラフにしてみると以下の図のようになる。

相関図

それなりに相関はあるがかなり誤差が大きいようだ。グラフをよく見ると、UTMF完走タイムが34時間程度を境に2つのグループに分かれているように見える。そこで2つのグループに分けてグラフにすると以下のようになった。

相関図2

こちらの方が上のグラフよりも強い相関関係にあるようだ。UTMFで2日目の深夜を過ぎる34時間を越えてゴールを目指す選手にとってはそこから全く別のレースが始まるのかもしれない。

さて、八ヶ岳をぎりぎり完走できた自分が、念願のUTMFに当選した。来年の4月にどんなレースができるのか楽しみだ。

国内100マイルトレイルレース完走者一覧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八ヶ岳スーパートレイル100マイルレース

OSJ八ヶ岳スーパートレイル100マイルレースに参加。自身初めての100マイル挑戦でなんとか完走することができた。

前日はスタート地点から徒歩5分の白樺湖水源荘に宿泊。食事をして8時には横になる。夜中何度か目が覚めたもののゆっくりと休むことができた。朝3時45分にアラームをセットして宿で用意していただいたおにぎりを食べ、4時過ぎに会場に向う。あたりはまだ真っ暗で半袖だと肌寒いくらい。荷物を預けて装備品チェックを済ませてスタート30分前にはスタートラインに並んだ。少し薄明るくなった朝5時に160キロの長旅が始まった。

スキー場を登って八子ヶ峰を越えて蓼科湖までは気持ちの良いトレイルを駆け抜ける。午後から下り坂になる予兆はあったが、遠くに八ヶ岳を望むことができた。あの先まで行ってぐるっと一周して帰ってくると思うと気が遠くなるが、このころはまだ元気なので目の前の気持ちの良いトレイルを楽しむ。途中スズメバチに刺された選手がいたようだが幸い私は無事だった。

蓼科湖のA1には6時50分頃到着。昨年は評判が悪かったようだが今年はエイドも充実していてボランティアの人たちも素晴らしい対応をしていただいた。まだスタート後2時間も経っていないが先は長いのでバナナやパンなどを補給して先に進む。

ここからしばらくは舗装路を走る。舗装路とは言ってもいつも走っている横浜の街中とは違い景色を楽しみながら走ることが出来た。途中信玄棒道を通ってA4の八ヶ岳歴史館まで。ここでUTMBを完走されたばかりのYo-Zさんに声をかけていただく。思いがけない知り合いの応援で力を頂いた。ここではトイレに並んだりしていたため15分ぐらい休憩して、観音平から天女山へのトレイル区間へ。小刻みなアップダウンに苦しみながらA5の天女山にたどり着いた。ここでルート変更がありロードでCP1に向かうことに。蜂が発生しているということで先頭集団は刺された選手もいたようだ。

ロードでCP1の清里に向かう途中で、本格的な雨が降りだした。途中レインウェアを取り出して着込んでCP1に到着した頃には土砂降りになっていた。

CP1ではバナナやマスカットを頂き補給。ここで給水しようとしたところでアクシデントが発生した。旧型のグレゴリールーファスは、背面に給水用のU字型のジッパーが付いていて、レース中の給水には重宝していたのがこのジッパーのつまみがちぎれてしまった。ハイドレーションに給水できないとレースが続けられ無いので、ゼッケンを止めていた安全ピンを外してなんとか開けて給水して閉めたところで今度は閉めたはずのジッパーが破裂して全開状態に。仕方が無いので全開状態のままでレースを続行することになった。

そうこうしている間にも雨は激しくなる一方でテントを叩く雨音が気持ちを萎えさせるが、意を決して先に進む。上ってきた舗装路を下り途中から短いトレイルに。このトレイルが雨で沼のようになっていた。ドロドロのトレイルを抜けると今度は延々と続く林道。雨のせいで時間より早く薄暗くなった林道をひたすら進む。

林道を抜けて、何とかCP2の松原湖に到着したのはスタートから約17時間後の夜10時だった。

CP2ではまず胃薬を飲んでしばらく休憩。トイレに行ってしばらく休憩。豚汁をいただいて休憩、、、と無駄に時間を使ってしまった。去年おんたけウルトラで会った50RUNさんと再会して話をしているとなかなか腰をあげられなくなってしまった。雨はおさまるどころかますます激しくなり気持ちを萎えさせる。だが、ここで止めたら絶対に後悔するのは判りきっている。1時間近く休憩して何とか次に向けてスタートした。

CP2では時間ばかり使ってしまい、補給や次に向けての装備の入れ替えなど反省点が多い。しかし十分休憩したのは良かったのかもしれない。

ここからはロードで600mぐらい上る、ある意味一番の難所。夜の舗装路で前後の選手も見えなくなる中ひたすら舗装路を上る。上りきって今度は林道入口のA7までひたすら下りもだらだらと歩いてしまって時間ばかり経過してなかなかエイドに到着しなかった。

なんとかA7に到着したのが午前3時近かった。ここから35Km先のCP3の制限時間が11時。1000メートル近く上る大河原峠を越えて8時間で35Kmは絶望的にも思われた。追い討ちを掛けるようにエイドのボランティアの人が、「この先厳しい道で時速4キロペースは難しいよ」とアドバイス。しかし、ロードのアップダウンをだらだら歩いていたおかげでまだ体は動く。どうせリタイアするならタイムオーバーで止められるところまで進もうと先に進むことを決めて、真っ暗な林道に向けて進んでいった。

しばらくはぬかるんだ下り基調の林道が続くが、走れるところはできるだけ走る。下り切っていよいよ大河原峠に向けた上りが始まった。ひたすら林道の上りが続くが斜度はそれ程ではなくストックを使って全身で上る。時間の感覚もなくなり永遠に続くのではないかと思える林道をひたすら上っていると、前に傘をさした選手が見えた。追い付こうと思って進むが傘をさしている割に結構速いペースで上っていくこの選手は間も無く見えなくなった。この選手は実在したのか?幻覚だったのか?その時は思考力も弱っていたが、冷静に考えれば不思議な気がする。

途中何度か立ち止まってジェルやグミを補給しながら朝7時ごろに大河原峠を上りきった。4時間で17キロは悪くないペースだ。次の関門まで下り基調のロードを約18Km、制限時間まで4時間弱、ゴールまで行けるイメージがわいてきた。エイドで椅子に腰を掛けて15分ぐらい休憩してCP3に向けて出発した。

CP3までは舗装路をひたすら下る。上りではあまり気にならなかったが、足の裏の雨でふやけた皮にまめが出来てかなり痛む。筋肉もかなり疲労しているので下りなのに連続して走ることができず、少し走っては歩きの繰り返し。CP3には制限時間の50分程前にたどり着いた。

10分ぐらい休んで最後のトレイル区間に。スタート直後に1時間50分で通過したトレイルを3時間半の時間で行けば完走できる。余裕で完走できると思ったがここから先がまだ試練が待っていた。一日降り続いた雨の影響でトレイルは沼のようになっていてとても走れない。下りは泥で滑りやすく、ストックを使って3点確保しながらそろそろ降りても何度も滑ってしりもちをついてしまった。それでも泥だらけになりながらトレイルを抜けて制限時間に30分余り残してゴールすることができた。

レース中はボランティアの人達、地元の人達、大会主催者の人達、それに同じコースをゴールに向かって進んだ選手のみんなから力をもらい、ゴールまでたどり着くことができたのだと思う。大会に関わったすべての人たちに感謝の気持ちを伝えたい。

---
ゴール後は、ゴール近くの温泉で汗を流し、前泊した水源荘に戻ってもう一泊した。レース前日はカーボローディングのための燃料でしか無かった食事をゆっくり堪能して一人でビールで祝杯をあげた。長野県の名物だという馬肉のすき焼きは美味であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大田原マラソン

大田原マラソン、何とか完走できました。
10月、11月とあまり走れていなかったので4時間の制限時間が重くのしかかるレースでしたが、走り始め るとついついペースが上がってしまい、前半は5分/Kmを切るペースで入ってしまいました。しかし、フルマラソンはそんなに甘いものではないですね。20Km を過ぎて上り基調になったあたりから徐々にペースが落ち始め、34Km手前で3時間半のペースランナーの集団に追いつかれてしまいました。3時間半のペー スランナーにずるずると引き離されてしばらくしたところで左のふくらはぎが痙攣。止まってストレッチしてしばらく歩いてから走り出すも、今度は右足のハム ストリングからお尻にかけて攣り始め、腸脛靭帯もパンパンにはってきて、歩いたり走ったりの繰り返しで何とかゴールまでたどり着きました。

最後競技場のトラックだけは何とか走ってゴールしたのですが、ゴールした直後にまた足が痙攣して、救護の人の肩をかりて救護所まで連れて行かれました。

自分のレース結果は残念でしたが、大会自体は凄く気に入りました。マンモス大会ではないので着替えやアップもゆったりできるし、歴史がある大会だけに運営もスムーズでした。ちょっと遠いのが難点ですがまたリベンジで出てみたい大会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信越五岳ラップ解析

GPSのログから信越五岳のラップを解析してみた。前半かなりおさえて入ったつもりだったがこうやってみるとかなりオーバーペースだったことがわかる。

第一関門の4Aを2時間33分の余裕をもって通過したにもかかわらずゴール時間は制限時間の2時間30分前だった。3A以降は緩い上りでもほとんど歩いていたので実際は3Aまでで貯金を作って3A以降は「ギリギリ完走ペース」で何とかゴールまでたどり着いたということになるだろう。3Aまでの平均ペースは8分17秒/Km、3Aからゴールまでの平均ペースは11分53秒/Kmになる。3A以降で「無理に走らなかった」ことで極端なペースダウンを避けられたのかも知れない。

これだけの距離なので後半の落ち込みは当然あると考えるとこれぐらいのペース配分で成功だったのかもしれない。どこで頑張ってどこで抑えるか難しいところだが、今回のペースを見ながら早くも来年の目標ペースに思いをめぐらせている。

距離 標高 到着時刻 出発時刻 移動時間 休憩時間 ペース(分/Km)
移動のみ 休憩込み
スタート 0.0 913 5:30
1A 18.5 979 7:36 7:37 2:06 0:01 06:49.68 06:53.62
斑尾山 20.8 1398 8:13 8:13 0:36 0:00 16:11.21 16:11.21
2A 23.9 956 8:38 8:40 0:24 0:02 07:42.97 08:27.43
袴岳 30.4 1148 9:45 9:45 1:05 0:00 10:00.54 10:00.54
3A 38.5 531 10:43 10:49 0:57 0:05 07:07.71 07:48.91
4A(第一関門) 51.5 840 12:49 12:57 2:00 0:08 09:14.77 09:53.69
5A(第二関門) 66.6 1237 15:38 16:01 2:41 0:22 10:39.74 12:10.33
大ダルミ 75.7 1608 17:43 17:43 1:42 0:00 11:17.31 11:17.31
6A 81.0 1163 18:45 18:53 1:02 0:07 11:38.82 13:05.61
7A 87.0 1216 19:50 20:01 0:57 0:10 09:32.83 11:18.00
8A(第三関門) 92.3 1318 21:03 21:13 1:02 0:09 11:43.02 13:32.26
瑪瑙山 97.0 1763 22:27 22:27 1:14 0:00 15:47.65 15:47.65
ゴール 110.0 1115 0:59 2:32 11:43.50 11:43.50

Shinetsualt_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信越五岳トレイルランニングレース2011

110Km、制限時間22時間のトレイルランニングレース。何とか完走できました。以下備忘録です。

[スタート~1A]

スタート:5:30

1A到着:7:36

5時30分にスタートして1A到着が7時36分。急な上り以外は、林道のだらだらした上りも結構良いペースで走りきった。18.5Kmを2時間6分は少しオーバーペースだったかも。

1Aではパワーバー、MUSASHIなどを補給して1分程度で斑尾山の登山口へ。

[1A~2A]

1A出発:7:37

2A到着:8:38

斑尾山を越えて5.4Km先の2Aまでは約1時間で到着。この辺はまだまだ元気なので斑尾山の上りもほとんど苦にならなかった。下りは意識的にペースを落として走る。

2AではふかしジャガイモバナナMUSASHIコーラなどをいただく。

[2A~3A]

2A出発:8:40

3A到着:10:43

袴岳を越えてからの林道の下りはオーバーペースにならないように注意しながら走る。ここで右膝の外側に若干違和感があった。ダラダラの長い林道の下りは結構苦痛。

3Aでは冷やしトマトがうまかった。

[3A~4A(第一関門:制限15時30分)]

3A出発:10:49

4A到着:12:49

関川沿いのダラダラの上りはきつかった。結構歩いてしまう。川沿いの公園のトイレに入って出てきた所でキタタンで同じ宿だったZ田さんに追いつかれる。4Aで追いついたがその後はどんどん引き離されたようだ。

制限時間に2時間30分余裕を持って通過することができた。

[4A~5A(第二関門:制限18時00分)]

4A出発:12:57

5A到着:15:38

4Aを出るとしばらくコスモス畑のロードを走りその後は急な林道。ここは20〜30メートルぐらい走って50メートルぐらい歩くという感じ。つり橋を渡った後の急上りには正直まいった。その後のウッドチップの普通だったらとても走りやすいはずのトレイルも全然走れず。ここでも笹が峰グリーンハウスで2度目のトイレ休憩。食物繊維の取りすぎか?

5Aではドロップバックから必要なものを取り出して夜間走に向けて防寒対策をして再スタート。22分の休憩時間はちょっと休み過ぎか。

制限時間に2時間残して第2関門を通過。

[5A~6A]

5A出発:16:01

6A到着:18:45

階段を上がってしばらくはわりと走りやすいトレイル。

その後、沼のようになったドロドロのトレイルを上がったぐらいのところで暗くなってきた。ハンドライトを出して走るも慣れない夜間走でペースは上がらず。この下りは岩や木の根がでていたりして全コースのなかで一番テクニカルな部分だと思う。ここを明るい時間に抜けられるとずいぶん楽になるだろう。

[6A~7A]

6A出発:18:53

7A到着:19:50

戸隠神社の参道はわずかな上りでもほとんど走れなかった。その先の石畳や木道もバランスを取るのが難しくなってきて、かなりゆっくりのペースで。

[7A~8A(第三関門:制限24時00分)]

7A出発:20:01

8A到着:21:03

なだらかなトレイルだがほとんど歩き通してしまう。昼間に走ると気持ちの良いコースだと思うが、フラッシュライトで示されるコース案内を目指して暗いトレイルを進む。

8Aでは戸隠そば、おにぎり、みそ汁などをいただき、制限時間の2時間40分前に通過した。

[8A~ゴール]

8A出発:21:13

ゴール:00:59

ここまで上りで立ち止まって休むことはほとんど無かったが、瑪瑙山の上りは所々で膝に手をついて立ち止まることが多くなってきた。山頂まで行くと今度はスキー場ゲレンデの直下り。ここで右膝の外側にはっきりわかる痛みを感じた。実際はその前から痛みはあったけど気がつかなかっただけかも。

スキー場を下りきった後の上り返しは逆に膝を気にせずに登れた(歩きだけど)。その後の下りはやっぱり膝の痛みで走れず。最後の林道も速歩き程度で何とかゴールまでたどり着いた。

林道を抜けて明るいゴールが見えた時は本当に感動した。最後はゲレンデを20メートルぐらい下ってゴールゲートに。ゴールした時は涙が出てきた。110Km・19時間30分。レースと言うより旅を終えた感じの感動を味わうことができた。

このレースはプロデューサの石川さんの考えもあって参加人数を600人程度におさえている。その600人の参加者のために用意された極上のトレイルコースを完走させていただいたことに感謝です!

妙高市 が製作した大会の動画がYouTubeにアップされています。私は映ってないですけどね。

http://youtu.be/0ckhrcNNRdo

ところで、水着でボトルだけ持ってランニングシューズで走ってぶっちぎりで女子優勝のジェン・シェルトンさんは↓の本の登場人物だったんですね。こんな凄い人と同じスタートラインに立てただけで光栄です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第一回三浦半島縦断トレイルラン大会

第一回三浦半島トレイルラン大会に参加、無事完走しました。去年の7月にこのレースにエントリーしてから、近場のトレイルでこんな楽しいコースがあると知って、ちょくちょく走っていたのでコースはほぼ頭に入っていました。今まで走った大会でこれほどコースを熟知して走ったのは初めてです。トレイルのレースはどうしてもペースを抑え気味走ってしまうことが多いのですが、今回は思い切って走ることができました。

この大会のおかげで近場のトレイルを再発見できました。今後もホームコースとしてちょくちょく走ってみたいコースです。

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三浦半島縦断トレイルレース試走

今日は三浦半島縦断トレイルレースの公式の試走会。朝8時に港南台駅集合の予定だったのですが、昨日のアジアカップの決勝を最後まで観た時点でその時間に行くことをあきらめました。一応目覚ましは鳴らしたのですが、無視して確信犯適に寝坊。結局8時に起床して9時過ぎに港南台駅から単独で試走しました。

写真付きの公式マップを頼りにほぼ正規ルートでゴールの三浦海岸までたどり着くことができました。途中3ヶ所ほどコースを見失ってしまいました。その分のロスが無ければちょうど7時間程度でゴールできていたと思います。


大きな地図で見る

2011/2/10 追記

2月6日に2週連続で試走に行ってきました。今度は一度も道に迷うことなく6時間46分で完走できました。大楠山手前のわかりにくいシングルトラックもクリアして、ほぼ完璧なルートをたどれたと思います。この日はチェックポイントごとにラップを取って走ったので下の地図を拡大して見るとチェックポイントの位置が確認できます。


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良マラソン2010

奈良マラソンを走って来ました。エントリーした時は「わりとフラットなコース」と思っていたのですが、その後コース図を見てみると思った以上に高低差があることに気がつき、直前になってコースを試走した人の情報でとんでもないタフなコースだと知らされました。
それでも、今シーズンのフルはこれ一本に絞って自己ベストを狙って練習していたので、スタートから果敢に(無謀に?)突っ込んで行きました。

結果的には、後半失速しながらも自己ベストを大幅に更新して、ネットタイムながらサブ3.5を達成できたので大満足な大会になりました。

第一回大会ということで運営面などに不安もあったのですが実際参加してみると、非常にスムーズな運営で、沿道の応援も多くてとても楽しめました。

高校生ボランティアの声援には本当に励まされました。運営に携わった皆さん、ボランティアの皆さん、応援していただいた皆さん、本当にありがとうございます!

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Garmin Forerunner 410

405、405CXの後継のGarminの新しいGPS Watch「410」が発表されました。見た目もほとんど同じで、スペックも全く違いはありません。何が違うのかと思いGarminのホームページを探してみるとFAQの中にこんな記述がありました。

  • Added device shutdown feature to the System menu
  • Added banner that notifies customer when the device will be entering low power mode
  • Added enhanced touch bezel

最初の「shutdown feature」は310や305にあったように使用していないときに電源を切ることができるようです。これで充電池の寿命を伸ばせるかもしれないですね。

次は、Low Powerモードに入る前にbannerを表示するということですが、オートポーズになって知らない間にLow Powerモードになっているということが防げるかもしれません。

*Forerunner 405英語版の場合、Firmwareをバージョン2.70にするとこの機能が使えるようになります

最後のタッチベゼルの改善ですが、405のように雨の日に誤動作することが少なくなりそうです。どの程度改善されているかわからないですが、私的にはタッチベゼルは止めてほしいです。

あと、410の説明にHotFixに対応したので、「GPSの捕捉が早くなった」との記述があるのですが、HotFixは405CXからサポートしているとの情報もあります。正確なところは私にはわかりません。

結論としては、どちらでも大した違いは無いので405ユーザはわざわざ買い換える必要は無いということですね。これから購入する場合でも最近安く手に入るようになった405を選択するのが賢い選択かもしれません。

===

最近携帯電話をGPS付きに変更したので、Forerunnerほど高機能ではないですが私が考える最低限ランニングに必要な機能を実装したiGPSロガーというアプリを作って見ました。携帯電話でこんなことまでできるようになると今まで以上にGarminの値段が割高に感じますね。

Qrcode_2

===

ところで、410のアクセサリに「External Power Pack」というものがあったので非常に興味があったのですが、改めてGarminのウェッブページを確認してみると「External Power Pack」と互換性があるデバイスはEdge 800だけになっていました(2010年11月時点)現在はリチュームイオン充電池を使うほとんどのGarminの製品が対応していることになっている。

ちなみにExternal Power PackについてGarminに問い合わせてみたらこんな回答がありました:

"The external power pack will not allow the Forerunner series to be used while being charged. "

充電中の使用はどちらにしてもサポート外のようですね。

===

その後同じ質問に別の人から別の回答が来ました:

"This package is used for Edge series not for Forerunner 405"

この時点ではまだEdge800だけが正式に対応していなかったのでしょうがその後対応機種が増えているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芦ノ湖一周

箱根駅伝往路のゴール地点から時計回りに芦ノ湖を一周。

前半は芦ノ湖スカイライン沿いのトレイルで後半は芦ノ湖畔の遊歩道で、スタート地点まで一周しました。

ゴール後は、芦ノ湖温泉「夕霧荘」の日帰り入浴で汗を流して帰りました。

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧