サッカー

ルマンVSトロワ

腰痛が長引いていた松井大輔、やきもきしていたのだがこれで完全復帰!といっていいのだろうか。先発フル出場で2ゴールは故障あけの試合にしてはできすぎといっていいだろう。先制ゴールは角度の無いところを綺麗にあわせたファインゴール、追加点はゴール前でどフリーな所に流れてきたごっつぁんゴールだが、そこにつめている松井が偉い。

2007年さい先の良いスタートを切ったことだし、日本代表も含めて松井の年にして欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J2降格

最悪の結果で2006年シーズンが終わってしまった。全てが後手後手に回って選手もサポーターもテンションが上がりきらないままずるずると敗けつづけて、終わってみれば最下位でJ2降格。

補強の失敗を理由にするのは簡単だ。たしかに上位チームと比べると選手個々の実力差は明らかだと思う。しかし、チームの身の丈にあった選手で戦ってそれなりの結果を残しているチームは他にもあるのに、これだけ無惨な結果に終わってしまった今シーズンの結果は選手の力の差だけでは説明できないだろう。

監督も選手もJ1での経験が乏しい中で、如何に少ない戦力でJ1で戦っていくかということが、チームの共通理解に欠けていたのでは無いだろうか。戦術にしても、攻撃的にいくのか守備的にいくのか、ゲームのたびにぶれていたように思う。

しかし、何よりも気になったのが選手の覇気の無さだ。美濃部監督に変わってから少し改善されたように思うが、それにしてもなんとしてもJ1残留という気迫が感じられないままシーズンを終わってしまった。

これは選手だけの責任では無くスタンドにいるサポーターにも責任があるのだろう。かつてJ2にいて、今J1に定着しているチームは全て素晴らしいサポーターがついている。逆にJ1からJ2に落ちてなかなか復帰できないチームの応援は寂しいものだ。

京都という土地柄、スタジアムが一体になって熱狂できるようになるまで時間がかかるかもしれないが、J1の上位に定着するためにはサポーターの力は欠かせない。サポーター一人一人が継続して応援を続けることがチーム上昇の鍵になるだろう。我々サポータにはそれしかできないのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都VSG大阪

今シーズンを象徴するような試合だった。決定的なシュートを決め切れず、十分勝つチャンスがあった試合をロスタイムの一点で落としてしまった。今シーズンの数ある惜しい試合のうち後2つか3つ勝ちに結び付けていれば状況は違っていたのだろうが、そこのところが上位チームとの決定的な違いなのかもしれない。

これでJ2降格が決まってしまったわけだが、来年一年でJ1復帰をはたしてもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本VS中国

二列目からの飛び出し、サイドを長い距離を走ってピンポイントのクロスなど、A代表よりもやりたいサッカーがきちんとできていた試合だったように思う。後半は中国の出足が早くなったのと日本の選手の動きが多少鈍ってきたせいもあってか、ゴール前でひやひやするシーンも数多く作られていたが、最後のところで体を入れたり足を出したりして、得点を許さなかったのは試合に集中していた証拠だろう。北京オリンピックが楽しみになる試合だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都VS大分

いったいいつになったら勝てるのか。チャンスがあっただけに勝ちきれないのは残念だ。これで自動降格圏に逆戻りだが選手を信じて最後まで応援するしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本VSインド

連動性が悪いのは時間が解決するのだろうか。この程度の相手に慌ててパスを出して簡単にカットされる、受けた選手もボールコントロールができずに簡単にボールを奪われる。目指すサッカーを完成するまでの過程として日本サッカーを信じて見守っていくしかないのだろうがまだ道のりは長そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本VSガーナ

はじめてオシムジャパンをスタジアムで見たが、まだまだ道半ばという印象だ。前線の選手の動き出し、中盤からの追い越しといった動きが少なくしかもワンテンポ遅れている、そのためサイドにボールが収まってもすばやくゴール前にいれることができない。このレベルの相手なら、一瞬クロスを躊躇しただけでゴール前のスペースは全て消されてしまい、結局シュートまで持ち込めない。後半入った播戸の前線での良い動き出しはあったが今度はパスが来ない。パスの出し手と受け手の意思の疎通ができていない。動き出しを待ってからボールを出してるようじゃ話にならない。全然スピード感が無かった。

しかし、まるでシュートを打ち惜しみしてるように前線で無意味にパスを出したり、ボールを持ちすぎたりするのは相変わらずだ。打たなきゃ入らないって。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

柱谷監督解任

なぜ今更という監督解任。ここまで来たら最後まで柱谷監督と心中してほしかった。しかし、決まったことは仕方がない。これをきっかけに、選手が発奮して良い方向になってくれることを祈るしかない。崖っぷち状態での博打がどんな結果になるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都VS浦和

これが首位争いをしているチームと残留争いをしているチームの差ということだろうか。チームの状態が選手の自信をなくさせて、実力以上の差がついたゲーム内容になってしまったと思う。もともと実力の差があるのだからサンガは実力以上のパフォーマンスを出さなければ勝ち目はないのに、その逆になってしまってはこの結果になってしまうのは仕方がない。

しかし、ボールを見すぎてフリーの選手にやられてしまうディフェンスと中盤で不用意にボールを失ってあっさり得点されるのは京都の名物になってしまった。いったいいつになったら修正されるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルマンVSソショー

ここ2試合先発から外れていた松井大輔だが、先発に復帰して1アシストを含む全2点に絡むプレーを見せた。痛み止めを飲みながらのプレーだったということだが動きは悪くなかったようだ。

ところで、最近の松井に関する報道には少しうんざりする。中田が引退した後の新たな「生贄」にされているように思う。松井に関する報道が増えるのはファンとしてうれしいのだが、憶測による記事は止めてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧